入園準備の名前つけにはどれ使う?おすすめのアイテム集!

入学準備 名前付け 雑貨

入園準備あれこれと用意したら、今度は名前つけです。

シールやスタンプなど、いろいろな方法や道具があるのですが、名前つけする対象もさまざまです。

どの方法を選ぶとよいのでしょうか?

入園準備の名前つけおすすめの方法は?

子供の入園準備、道具、衣服が揃ってきたら次は名前つけです。

たくさんの物に名前付けしていかないといけないので大変ですよね。

名前付けの目的としては

先生が誰の持ち物か判断できる
子供が自分のものと認識できる

ということになりますので、

人が見て誰のものかわかるようにしておく
文字が消えない、取れない

どの方法にしても、このあたりに注意しておきましょう。誰のものか分かれば無くし物もなくなりますからね。

さて、名前付けの方法ですが主に次のような方法があります。

・手書き
・シール
・スタンプ
・アイロン
・刺繍

詳しくはこの後説明していきますが、先ほどのわかり易さ(視認性)、耐久性以外にも
コストや手間(簡易性)など含めてどの方法にするかを決めていくとよいです。

コストをかければ簡単に済ませることもできる場合もあります。特に最初はたくさんを一気にやる必要がありますから、ある程度の費用を掛けて時間と手間を節約するのもありですよね。

入園準備の名前つけ 手書き編

最初の方法は「手書き」です。

ペンを使って名前を書いていくだけですから、もっとも簡単ですね。実際、手書きの方で済ませる方も多いです。

メリット
・簡単、すぐできる
・コストがかからない
・水に強い

デメリット
・小さい物、でこぼこした物、カーブのある物には書きにくい
・書き損じが直しにくい
・黒いものには使えない
・字を書くのに自信がないという方は、ちょっと恥ずかしく感じるかも

使う道具
・油性ペン
布書きペンがおすすめ

使える対象
・ペンで書けるものならなんでも可
・ペンで名前が書けるサイズのもの
※布書きペンなら服やハンカチでも大丈夫。

視認性:△ (小さい字は書けない)
耐久性:○
コスト:○
簡易性:△ (手書きがめんどう)

名前つけ用のペン選びについてはこちらの記事をご覧ください。

名前つけはペンで書く?マジック?布にも上手に書くには?
入園準備の名前付けを手書きで行うときのペンの選び方についての紹介です。名前を書く対象の材質によりうまく書けない場合もありますのでご注意を。

入園準備の名前つけ シール編

名前シール」も使う人が多い方法です。

印刷されたシールを発注する方法と自宅でシールに印刷する方法があります。自宅のプリンターは通常、染色インクの物が多いと思いますので水で滲みますので注意してください。

またテプラをお持ちならある程度はそれで代用できます。(物によっては剥がれやすいかもしれません)

メリット
・手書きの手間が省ける
・小さい物にも使えるサイズのシールがある
・キャラクターシールを使えば子供にも目印になりやすい
・剥がして付け直せる

デメリット
・はがれたり、字が薄くなったりする場合がある
・費用がかかる
・使える対象に制限がある
・湾曲したものに貼ると剥がれやすい場合がある

使う道具
・名前シール

使える対象
・なるべく表面が平らなもの
・曲がったもの、でこぼこしたものは剥がれやすい
※布もある程度使えるが剥がれやすい場合も。
※シールの上からセロテープを貼ると長持ちする。

視認性:○
耐久性:△ (水などに弱い)
コスト:△ 
簡易性:○

入園準備の名前つけ 通販で選ぶ名前シールのおすすめはコレ!
名前シールを使えば入園準備の名前つけも早く済ませられますが、本当にシールで大丈夫かなと不安にもなりますね。人気の名前シールや、その選び方などをご紹介します。

入園準備の名前つけ スタンプ編

スタンプしていくだけで簡単な「名前スタンプ」は名前シールと並んで人気があります。

名前スタンプを選ぶポイントは顔料インクを使っていることと、サイズです。顔料インクは水に強いので洗濯でも消えにくいです。

スタンプはサイズが固定となりますので、名前付けするものにあったサイズのスタンプがセットされているか確認しておきましょう。

メリット
・手軽にできる
・いろんな物に使える
・目印のマークもある

デメリット
・シールよりは費用が高くなる
・デコボコのものには使えない
・湾曲したものに使いにくい
・スタンプを失敗する可能性がある

使う道具
・名前スタンプ

使う対象
・表面の平らなもの、布製品
※窪んだところには押せない

視認性:△ (文字だけだと見つけにくい)
耐久性:○
コスト:△ 
簡易性:○

名前スタンプで入園準備。売れ筋おすすめスタンプはコレ!
入園準備で避けて通れないのが名前付け。数もたくさんあるので簡単にすませたいですよね。 学用品以外にも服やハンカチなどにもまとめて使える名前スタンプが人気です。 売り上げランキング上位のおすすめ名前スタンプをいくつかご紹介します。...

入園準備の名前つけ アイロン編

布への貼り付け用となりますが、「お名前アイロンシール」というものもあります。

服、靴下、ハンカチなど洗濯するものに使っても普通のシールタイプより長持ちです。名前が刺繍されたタイプもありますので、そちらであれば名前が薄くなることもありません。

メリット
・洗濯で字が消えにくい
・手書きの手間がない
・布の伸縮に強い

デメリット
・アイロンの用意が必要
・リサイクルに出しにくい
・洗濯で剥がれることも

使う道具
・布用名前シール

・転写シートというものもあります。

使う対象
・布製品

視認性:○
耐久性:○
コスト:△ 
簡易性:△

名前アイロンシールの人気はどれ?おしゃれでかわいいアイロンシール
布への名前つけはしっかりアイロン付けできるものが長持ちしそうですし、かわいく仕上がりそうですね。いくつか種類があるようですが、どれを選べば良いのでしょうか?今回はタイプの異なるアイロン付け用の名前シール、ワッペンから人気のものをご紹介します。

入園準備の名前つけ 刺繍編

こちらも布物限定とはなりますが、「名前を刺繍」する方法です。

基本的にミシンを使いますが。文字の刺繍がしっかりできるミシンは高額になりますが、文字ステッチのミシンであれば少し安価なものもあります。

入園準備にカバンの自作なども考えている場合はミシンを使うのもよいですね。

メリット
・洗濯できる
・文字が消えない
・耐久性が高い

デメリット
・ミシンが必要
・リサイクルに出しにくい
・手間がかかる

使う道具
・文字ステッチのできるミシン

使う対象
・布製品

視認性:○
耐久性:◎
コスト:× (すでにミシンを持っていれば◎)
簡易性:×

こちらの記事も参考にしてみてください。

入園準備のミシン選び。文字縫いできるミシンの選び方のポイントは?
子供の入園準備に名前つけもできるミシンが欲しくなるかもしれません。最近のミシンは機能もたくさんあってどれを選ぶか難しいですよね。今回は文字縫いのできるミシンの選び方などをご紹介していきます。

まとめ

名前付けの方法をいくつかご紹介しました。

難しいところ、面倒なところはうまく道具を使うのもよいと思います。それぞれにメリット、デメリットがありますので参考にしてみてください。

お子さんにお手伝いしてもらうのは難しいかもしれませんが、名前や好きなキャラクターが付いているのを見て喜んでくれると良いですね。

タイトルとURLをコピーしました