セーターの衣替え。収納前の毛玉の取り方とおすすめ毛玉クリーナー

衣替えと毛玉取り 家電・カメラ

暖かくなってきたら冬物もそろそろ衣替えです。

セーターやコートなどは収納前についでに毛玉も取っておきたいですね。毛玉を取るのも少し注意しないと衣服を傷めることがあります。

今回は毛玉の取り方と注意点などをご紹介します。

セーターの衣替え。収納前には毛玉取りを

冬物の衣替え、衣類をしまうまでにすることは

・洗濯(or クリーニング)
・乾燥
・畳む
・しまう

となるわけですが、せっかくなら次に使うときに気持ちよく使えるよう、セーターなどの毛玉は取っておきたいですね。

次の冬にさあ着ようとなった時に毛玉だらけだとちょっとがっかりしませんか?きれいに整えてしまっておけば次に使うときに気持ちよく着ることができますよ。

ちょっと手間はかかりますが毛玉取りおすすめです!

セーターの毛玉の取り方いろいろ

さて、毛玉を取るといってもいろいろな方法があります。

毛玉取りの際に衣服を傷めやすいケースもありますので、注意点とあわせてご紹介します。

1)ハサミを使う
眉毛用のハサミや糸切ばさみなど小型のハサミを使って毛玉を切り取ります。

毛玉だけを切り取ればダメージは少ないです。高級な衣服や、大事な衣服はこの方法が良いです。

毛玉を切る時はハサミを衣服と平行にしながら使って、本体を間違って切らないように注意しましょう。
また、広範囲の毛玉処理や洋服の数が多いと指が疲れます。

2)T字カミソリを使う
T時のカミソリも毛玉取りに使えます。
毛を剃るように強くあてると衣服まで傷つけるおそれがあります。刃を立てないように軽く、力を抜いてなでるようにすると良いです。

3)毛玉取りブラシを使う
毛玉取り専用のブラシがありますので、これを使います。

衣服の材質や毛の長さによっては毛玉は取れるけど毛羽立ってしまい、次回すぐに毛玉ができてしまうこともあります。
ブラッシングで毛羽立たないか少し確認してから使うと良いですね。

4)食器洗いスポンジを使う
食器洗いスポンジの裏(不繊布研磨材)を軽くあてて毛玉を取ります。
毛玉を引っ張って取るので、やはり毛羽立ちしやすいです。お手軽ですがあまりおすすめはしません。
雑に扱っても気にならない服ならこの方法でささっと済ませても良いかもしれませんね。

セーターもコートも毛玉取り器で時短お手入れ

5)毛玉取り機を使う
毛玉取り用の機械です。カッターが毛玉を切り取ってくれます。
電気式で広範囲の毛玉を取るのも早くて楽なので、衣替え前には助かるアイテムです。
衣服の数が多いと毛玉取りだけでも大変ですから、できるところは道具を使って楽しましょう

ただ、注意点がありまして、毛玉取りを強く服にあてると布を巻き込んで穴が開いてしまうことがあります。大事な洋服はハサミなどを使って慎重にした方がいいでしょう

特に最初は慎重に様子を見ながら使ってあげれば、大丈夫です。上手に使い分ければ衣替えの時短になりますよ。

テスコム 毛玉クリーナーがおすすめ

毛玉取り機を選ぶポイントのひとつに稼動時間があります。
乾電池式の場合は電池が少なくなるとパワーも落ちますし、電源が切れれば続きができなくなってしまいます。

ちょっとだけするなら乾電池式でも良いのですが、量もこなしたいという場合にはこちらのAC電源式の毛玉クリーナーをおすすめします。

ただし連続使用は30分なので、30分たったら少し休憩してください。モーターが発熱して故障の原因にもなりますので、いっぱい取れるからと熱中しすぎないように注意してくださいね。

こちらのモデルは大型のカッターで広範囲の毛玉を効率よく取ることができます。

また、残す毛足の長さを三段階に調整できるので、長く残すところから徐々に短くすることで生地を傷めずに毛玉をカットできるのも良いですね。

最後に

セーターなど冬物の衣替え前の毛玉取りは、方法を選べば、服を傷めず早く終わらすことができます。

毛玉クリーナは衣服以外にもソファやカーペットなどにも使えますのでひとつ用意してみてはいかがでしょうか。

また、毛玉を取った衣服は、洋服ブラシでかるくブラッシングしておくと毛羽が整い、次に着たときに毛玉ができるのをある程度抑えることができます。大事な洋服にはさらにひと手間をおすすめします。

次の冬に着るときも気持ちよく着れるようにしておきましょう!

タイトルとURLをコピーしました