こだわりの除湿機選び 連続排水なら三菱電機 MJ-P180PXサラリがおすすめ!

連続排水できる除湿機 家電・カメラ

除湿機の運転、もう少し動いてくれてたらいいのに…。

そんな風に思ったことはありませんか?

機能面での自動停止、タンク容量限界での停止と多くの除湿機では連続運転することができません。

例えばグランドピアノの湿度管理に、長時間の除湿で常に湿度を一定に保ちたい場合などは、中途半端に止まってしまっては困ってしまいますよね。

このような要望がある場合には除湿機でも、連続運転、連続排水ができることが必要となります。

この記事では連続運転・連続排水できる三菱電機の除湿機 MJ-P180PXサラリをご紹介していきます。

除湿機で連続排水するなら三菱電機一択

一般的な除湿機ではある程度の時間で自動停止するものが多く、またタンクも一杯になってしまうとそこで止まってしまいます。ピアノ部屋などで常に部屋の湿度を一定に保ちたい場合は、連続稼動連続排水の二つの機能が必要になります。

三菱電機の除湿機であればこの条件を満たせることができます。

今回は三菱電機の除湿機からハイパワータイプの「MJ-P180PX サラリ」をご紹介します。MJ-P180NXの後継機種のMJ-P180PXは強力な除湿機能と連続排水でお部屋を快適に保つことができます。

 

MJ-P180PXはコンプレッサー方式の除湿機です。

Check!>>コンプレッサー方式除湿機ランキング【楽天】
MJ-P180PX サラリは何故、連続運転ができるようになっているのでしょうか?

デシカント方式の除湿機では内部の湿気を吸った乾燥剤をヒーターで暖めて乾燥させます。

ヒーターによる発熱が火災などの原因となることもあるため、それを防止する意味である程度の稼働時間で自動停止するように設計されています。

一方、サラリのようなコンプレッサー方式の除湿機の場合はヒーターが内臓されていませんので、自動停止しないようにつくることもできるのです。

ただし、自動停止させるかどうかはメーカーによっても設計が異なるので、全てのコンプレッサー方式が連続運転できるとは限りません。

また、本体側で問題がなくとも、コンセント部の埃の蓄積が火災の原因となる場合もありますので、連続運転の際は電源周りに埃がたまらないように注意してください。

MJ-P180PXの連続排水

次に連続排水の機能についてです。

「外出中もずっと除湿して欲しい。」そんな場合には連続排水の機能も必要になってきます。

なぜなら、除湿機の貯水タンクには限界があり、貯水タンクが満タンになれば自動的に運転が停止してしまうからです。
MJ-P180PXは連続排水するためにタンクレスで使用できる機能があります。

連続排水はタンクを外して、除湿した水をホースで外部に流すことで行います。タンクレスで運転すれば、いくらでも除湿することができるようになります。

市販の水道ホースを除湿機の排水口に繋げて、ホースの先を排水したいところに設置します。

除湿された水はホースから排水先に流れていきます。排水先はお風呂や洗濯機置き場の排水口、キッチンの流しなどが一般的に使われます。

それらが遠い場合は、同じ部屋の窓サッシの溝も使えるでしょう。ホースをサッシの溝に沿わせるように配置すれば、流れた水はサッシから外へ流れていきます。
除湿機の排水口より高いところには排水できませんので、排水口より排水先が下になるよう除湿機の置き場所にも注意してください。

また、ホースが動くと床に水が流れてしまう恐れがあるので、動かないように固定してください。ペットを飼われている場合はホースを動かしてしまうかもしれないので、しっかり固定しておくと良いですね。

除湿機の電源を入れたら、「強」「弱」「自動除湿」のいずれかで運転すると連続運転になります。

MJ-P180PXサラリの口コミ

MJ-P180PXの口コミはまだ少ないので、ここではほぼ同じ性能のMJ-P180NXの口コミをご紹介していきます。MJ-P180PXはMJ-P180NXの後継機種ですが、機能面での差異は無いようです。比較表は三菱電機ホームページをご確認ください。

サラリの連続運転、連続排水について説明してきました。ここからはMJ-P180NXの口コミを見ながら使い勝手などを確認していきましょう。

デザイン

・本体のデザインは好みが分かれると思いましたが、うちでは問題ありませんでした。
・可もなく不可もなし高級感はないと思います。
・おしゃれなわけではありませんが、どんな部屋においても邪魔にならないシンプルなデザインだと思います。

引用:楽天市場

おしゃれ感は特にないですが、除湿機としては普通なシンプルなデザインです。
除湿能力

・スペックの似通った製品を3回買い換えていますが、今まで使った製品の中で、除湿能力が一番高いです。
・25帖のリビングで使ってますが、しっかり湿度を下げてくれます。
・別荘の夏場のカビ対策乾燥で購入。評判通りすごいパワーで一気に乾燥が進みジメジメも解消。
・湿度の高い梅雨時に期待以上の活躍です。留守中も連続運転が可能なオプションあり、満足な仕様。
・数時間の運転で洗濯物がちゃんと乾きます!部屋干し特有の生乾き臭もないです。

引用:楽天市場

コンプレッサー式除湿機で、タンク容量4.7 L、除湿能力15.5 L/日(50Hz)・18L/日(60Hz)と除湿能力はとても高いです。部屋も、部屋干しの洗濯物もしっかり除湿・乾燥できているようです。

また、電気代も安く済むので連続運転しやすいですね。
使いやすさ

・除湿器自体に小さなタイヤがついていたので各部屋の移動が軽くできました。
・タンクは満水になってからでは水が捨てづらい構造だと思いますが、1回の洗濯物干しで溜まる水はタンク半分程度なので、使用する度に水を捨てていればそれほど困ることはありません。
・液晶にバックライトが無いのが使いにくいです。
・コンセントをさしておくだけで、電源をいれなくても液晶パネルに現在の部屋の湿度が表示されているので、それを見ながらつけたり消したりできる点も便利です。

引用:楽天市場

タンクが少し使いにくいようですね。連続排水だとあまり関係ありませんが、タンクを使う場合は貯めすぎないようにした方が良さそうです。

静音性

・除湿能力はかなり高めです。ただ駆動音がうるさいのでテレビを見ながらリビングでの使用は出来ないです。
・運転音はそれほど小さく無いですが、我が家では人のいない部屋で使用しているので、特に気になっていません。

引用:楽天市場

駆動音は結構気になるようです。コンプレッサー式なので仕方ないとは思いますが、就寝中は使いにくいかもしれません。
サイズ

・家電量販店で、実物を見てから購入しましたが、家で見るとかなり大きいです。
・重いので移動はしにくいですがパワーがすごい。
・思っていたより大きく、重いです。キャスターがついてるので、フロア移動は問題ないけど、1階から2階への移動は大変です。

引用:楽天市場

外寸:594×372×281、重さ:14.9kgで女性には少し重いです。

キャスター付きなので床の移動は大丈夫でしょうが、2階へ持って上がるのは大変そうです。とはいえ連続排水する場合は場所の移動はそれ程無いでしょう。

Check!>>その他のMJ-P180NXの口コミはこちら【楽天】
一般的にコンプレッサー方式の除湿機は電気代を抑えられるメリットがありますが、冬の温度低下で除湿機脳が低下するというデメリットがあります。

冬場や北国にお住まいの場合は低温時の除湿能力を心配されることもあると思います。

しかし、こちらのモデルは「冬モード」を搭載することで低温の除湿量も安心です。

ハイブリッド方式で無くとも、一年中使える除湿機として使えるのは嬉しいところです。
除湿能力も1日あたり15.5~18Lと強力なので部屋干しにも威力を発揮してくれます。ハイパワーな除湿能力と連続排水で部屋の除湿も安心です。

ただ、連続運転となると電気代が少し心配ですよね。

でも、連続運転といっても設定した湿度まで下がれば自動的に停止します。そして湿度が上がってきたら、また自動的に運転を再開してくれます。無駄な電気がかからないのも嬉しいところです。

これであれば外出中も湿度管理をお任せできます。

最後に

連続排水ができる除湿機として三菱電機のMJ-P180PXをご紹介しました。

とにかくずっと除湿しといて欲しい!という方にはおすすめの除湿機です。

ハイパワーの除湿力は期待に答えてくれるのではないでしょうか。

通常のメーカー保障期間は1年ですが、こちらの店舗では有償で5年間の延長保障にも対応しているので安心です。連続運転でガンガン使う予定の方は延長保障に入るのも良いと思います。

 

Check!>>今日の価格をチェック【楽天】

※シャープのプラズマクラスター機能付き連続排水モデルも紹介しています。こちらの記事でご確認ください。

シャープのプラズマクラスター除湿機 CV-J71-Wで連続排水・連続運転
CV-J71は普段使いに適してた、連続排水・連続運転ができるモデルです。連続排水できれば部屋の湿度を一定に保ちたいピアノの部屋や、部屋にカビが出やすい湿気の多い環境などに対応することができます。CV-J71の性能などについてご紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました