シャープのプラズマクラスター除湿機 CV-L71-Wで連続排水・連続運転

シャープ除湿機 cv-L71の紹介 家電・カメラ

連続排水の除湿機といえば三菱電機というイメージがありましたが、シャープからもお手ごろな連続排水モデルが揃ってきました。

その中でもコンパクトタイプのCV-L71は普段使いに適しており、連続排水・連続運転ができるモデルです。

連続排水できれば部屋の湿度を一定に保ちたいピアノの部屋や、部屋にカビが出やすい湿気の多い環境などに対応することができます。

この記事ではCV-L71について

・基本性能
・連続排水のしかた
・新しい機能

などをご紹介していきます。

シャープ 衣類乾燥除湿機 CV-L71-Wの基本性能

CV-L71はシャープのプラズクラスター機能搭載の除湿機です。

前モデルのCV-H71(前々年度版)からの大きな変更点のひとつとして、連続排水に対応したことが挙げられます。

基本性能には大きな変化はありませんが、まずはその性能を確認しておきましょう。

除湿性能

定格除湿能力は以下のようになっています。

50Hz 6.3L/日
60Hz 7.1L/日

また、除湿可能面積の目安としては(木造住宅~コンクリート住宅)

50Hz 8~16畳(13~26㎡)
60Hz 9~18畳(15~30㎡)

となっています。

通常の住宅であれば十分の性能ではないでしょうか。

プラズマクラスター

シャープといえばプラズマクラスターということで、こちらの除湿機にもプラズマクラスター機能が搭載されています。

このプラズマクラスター機能により得られるメリットは

・生乾き臭の消臭
・衣類の汗臭の消臭
・部屋や衣類のタバコ臭の分解・除去

といったものが挙げられます。

部屋干しをするにあたっては、生乾き臭ってとっても気になります。プラズマクラスター付きの除湿機なら乾燥つつ消臭もしてくれるので部屋干しに大助かりです。シャープの除湿機を選ぶ大きなポイントになるのではないでしょうか。

また、衣類の消臭にも使えるので、特に夏場などはスーツの気になる臭いもこれですっきりできそうです。

CV-L71(J71)とCV-H71の違い

プラズマクラスター除湿機のCV-○71シリーズは長く続いているモデルですが、ここでCV-L71と前モデルのCV-H71の違いについて説明しておきます。

CV-L71の前モデルはCV-J71ですが、これは型番が違うだけの同一モデルです。

通常のマイナーチェンジではカタログスペック上でそれほど大きな変化はありません。(CV-G71とCV-H71の記事はこちらから。)

その前のCV-H71からのモデルチェンジでは比較的大きな変化があります。そのひとつが連続排水への対応です。以下にCV-L71での変化点を紹介していきます。

連続排水

CV-J71からは連続排水ができるようになりました。これまでは三菱電機の除湿機など一部の除湿機でしか連続排水に対応していませんでした。

タンク容量に影響を受けない連続排水ができれば、除湿機をずっと稼動させておくことができます。

部屋の湿度を一定に保ちたい、乾燥途中で除湿機が止まってしまうと困るといった場合に連続運転できる除湿機が必要となります。
 

CV-L71を連続排水するには本体裏の連続排水穴に市販のホースを差し込み、ホース先端を排水先に配置するだけです。

低い位置から高いところへは排水できませんので、本体からホースの引き方に注意は必要ですが、浴室などでの部屋干しでは問題ないでしょう。

浴室までホースを引けないという場合はサッシの溝にホースを這わしてサッシから外に水を流すこともできます。
 

また、通常は12時間以上の連続稼動で自動的に運転が停止してしまいますので、長時間の連続運転をされる場合は、オートオフ機能を解除しておく必要があります。

連続排水・連続稼動する場合はホースの移動による水漏れに注意してください。小さいお子さん、ペットなどがいるお家ではホースを動かしてしまわないように固定しておくと良いですね。

デザイン

デザインも少し変更点があります。

排水タンクが凹凸の少ない形になりました。タンクの出し入れがしやすくなっています。

また、ルーバーが下吹きもできるようになりました。これで床方向に約45度下向きに送風することができるようになっています。

バスマットや床に除湿した風とプラズマクラスターを送ることができるのでバスマットの菌の増殖を抑制できます。家族が多くてバスマットがいつも湿っているという場合など便利に使えそうですね。

運転音

運転音も軽減されています。

衣類乾燥(強)の運転の場合の比較では

CV-H71 44dB/43dB(50Hz/60Hz)
CV-L71 40dB/40dB(50Hz/60Hz)

となっています。他のモードでもCV-L71の運転音の方が小さくなっています。

夜間も使われる場合は運転音が気になりますので、音が小さくなったのはうれしいですね。

消費電力

消費電力は僅かに多くなっています。

衣類乾燥運転の比較では、

CV-H71 165W/180W(50Hz/60Hz)
CV-L71 175W/190W(50Hz/60Hz)

となっていますが、実際にはほとんど差異が無い程度です。一時間あたり0.2円程度の差となります。
 

他には外形寸法で高さが44mmほど高くなったのと、重さが0.4kg重くなっているというところでしょうか。このあたりも使う上ではそれほど差は無いでしょう。

CV-L71 
外形寸法:303×203×524mm
質量:約9.4kg

Check!>>CV-L71の価格をチェック[楽天]

CV-L71の口コミ

CV-L71はまだ口コミが少ないので前年度モデルのCV-J71の口コミを見てみましょう。

悪い口コミ
・本体はとても重いです。持ち手があるのでそこに手をかけ移動しますが、持ち手が手に馴染む形ではないので痛いです
・それなりに音がして、熱が出て部屋が暑くなるのが難点です
・一日中点けていると2回以上は水を捨てなければいけない
・6畳くらいの部屋ではあまり乾きません。洗面所に持って行って使いたいと思います。

引用:楽天市場

 

良い口コミ
・全然うるさくないし、振動もないです
・外観はすっきりして部屋に置いても気にならない
・持ち運び楽なのでお風呂上がりは脱衣所、日中はリビングで使用してます
・除湿力も強い割りに音もそんなにうるさくない
・使用開始してから少し経つと、湿気のひどい部屋の木造特有の匂いまで消えていました

引用:楽天市場

運転音については感じ方に個人差があるので、難しいところですが、コンプレッサー式の除湿機なので音が出やすいのは仕方ない部分もあります。

また、このコンプレッサー式の除湿機もそうですが、室温も上がりやすいので初めて除湿機を購入される方はその点もある程度覚悟しておく必要があります。

除湿性能についても使い方次第で満足、やや不足といった声が見られます。自分の家の環境、使用用途などを考慮して、さらに除湿能力の高いモデルを検討する必要があるかもしれません。

スタンダードタイプのCV-L120、パワフルタイプのCV-L180もそれぞれ連続排水機能が搭載されています。

比較・検討したモデル

これまでは連続排水の除湿機としては三菱電機のMJ-P180PXをおすすめしてきました。(MJ-P180PXの紹介記事はこちらから。)

MJ-P180PXは連続排水できるハイパワータイプの除湿機で性能的には十分ですが、ここまでの除湿能力はいらない場合はCV-L71でも良いでしょう。

また、CV-L71のプラズマクラスター機能はとても魅力的なので、プラズマクラスター付きならCV-L71、さらにMJ-P180PXと同等のパワーが必要ならCV-L180をおすすめします。

CV-L71の総合評価

コンパクトモデルでありながら、プラズマクラスター機能、連続排水機能が搭載されたCV-L71は使い勝手のよい除湿機だと思います。

貯水タンクのメンテナンスが面倒、除湿機を連続運転させて部屋を快適にしておきたいという場合におすすめの除湿機です。

部屋干しの量が多い、湿気が多くてカビがすぐ出る、ピアノ部屋の湿度を一定に保ちたいという場合は、さらに強力な除湿能力のCV-L120か、CV-L180をおすすめします。
>>CV-L120[楽天]

>>CV-L180[楽天]

最後に

シャープの除湿機CV-L71をご紹介しました。

連続排水できて、プラズマクラスター付き。除湿機にあって欲しい機能が充実していると思います。

除湿機の使用目的にあっていれば検討してみてはいかがでしょうか。梅雨時など在庫切れで納期がかかる店舗も多くなります。購入前に納期の確認もしてくださいね。

こちらの店舗では5年間の延長保障も同時に購入できます。連続運転で故障の可能性も高まりますので延長保障をおすすめします。

楽天カードはお持ちですか?
新規入会で5000ポイントもらえるキャンペーンをやっています!

カード発行&初回使用で5000円分のポイントがもらえます。

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろんコンビニやドラッグストア
飲食店など街中でも使えます。

また楽天カードを持っていると、今後楽天でのお買い物ポイントも常に3倍(+2%)になります。

年会費もかからず持っていて損はないので、もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作っておきましょう。

楽天カードの新規作成はこちらでできます

タイトルとURLをコピーしました