子供にラッシュガードは必要?安全な水遊びのための着せ方選び方

スポーツ

子供がいたら、夏はやっぱり家族で海水浴!

お母さんは、日焼け対策は万全よ♪

だた、うちの子は肌が弱いのが心配…

そんなアナタのために、子供用のラッシュガードについてご紹介します!

ラッシュガードは子供にも必要?使うメリットは?

Check!>>キッズ水着ランキング【楽天】

お母さんは、日焼け止めクリームに、防止、サングラス!

手の先や足の先まで覆うようなラッシュガードで、紫外線が付け入るスキすら与えない完全防備!(笑)

一方、子供は放っておくと、海水浴が終わったら体が真っ赤で痛がったり…

ひどいと、皮までむけてしまうことも…

紫外線が強い日の海水浴では大人だけでなく、子供にもラッシュガードは必要なんです!

子供の肌を、紫外線から守ってあげましょう!

これから、ラッシュガードのメリットを解説します。

紫外線対策

昔は、「子供は外で元気に遊んで、日の光をたっぷり浴びて成長するもの!」という考え方が一般的でしたが…

今は紫外線を浴びすぎると、
・しわやしみが早くに出てしまう
・皮膚ガンのリスクが高まる
・目の病気が起こりやすくなる
と言われています。

つまり子供のうちから、紫外線対策をしなければならない時代なのです。

ラッシュガードには、UVカット効果があります。

怪我対策

海水浴では、子供が怪我をする危険がいっぱいです。

例えば、
・貝殻の破片が散乱している砂浜で転んでしまう
・海の中でクラゲやヒトデを触ってしまう
などなど、とても挙げきれません。

子供は無邪気にはしゃぎまくります。お父さん・お母さんがずっと目を光らせていても、いつも間にか怪我をしたりします…

ラッシュガードは英語で「擦り傷から守る」という意味。肌が直接むき出しになっていたら、子供は怪我をしてしまう可能性が高いです。

怪我のリスクは、少しでも減らしてあげたいですね。

冷え防止

海から出て、塗れたままでいると、気化熱でどんどん体は冷えていきます。

ラッシュガードをさっと羽織れば、体温を奪われるのを予防できるのです。ラッシュガードはすぐに乾きますよ。

お母さんにとっても、子供にとっても、ラッシュガードはメリットばかり!買わない理由がありませんね。

子供用ラッシュガードの選び方

子供にもラッシュガードが必要なのはわかったけど、どうやって選べばいいの?という声が聞こえてきそうです。

子供用のラッシュガードの選び方も紹介しましょう!

機能性

UVカット率」と「速乾性」が大事です。

UVカット率は「UPF」という数値で表します。

「UPF50+」など、数字が大きいラッシュガードは、より紫外線をカットしてくれるというわけです。

速乾性は、ラッシュガードの乾くスピードのことを表します。

「速乾性に優れています!」とアピールされている商品は、より速く乾くというわけです。

サイズ

ラッシュガードのサイズは、ジャストフィットからワンサイズ上のものを選びましょう。

子供はすぐに大きくなるから、ちょっと大きめを買いたくなりますよね。でも、ゆるゆるのサイズでは、泳いだときに隙間から水が入ってきます。

「重くて動きにくいから、もう脱ぐ!」と子供に言われてしまったら…買った意味も、着せた意味もなくなってしまいます。

ラッシュガードは、海水浴だけでなく、川遊びや潮干狩り、BBQやキャンプにも大活躍!

ひと夏で使いまくる気持ちで、アウトドアに行きまくりましょう♪

ラッシュガードは、色々なの商品が売られています。

まずは、Tシャツタイプか、ファスナー付きの前開きタイプかについて。

着たまま動くならば、身体にぴったりフィットする、Tシャツタイプがおすすめ。

前開きタイプなら、子供でも脱ぎ着がしやすいです。

フードがついているものは、首筋の日焼け防止になります。

次に、長袖か、半袖かについて。
動きやすいのは半袖。日焼けや擦り傷をなるべく減らしたいなら、長袖を選びましょう。

さらに、上着だけでなく、ボトムスも売られています。

ボトムスも着れば、全身の日焼け&怪我を予防できますね。上下セットタイプも売られていて、一気にそろえることができますよ。

デザイン性

ラッシュガードは、機能性・サイズ・形を重視して選ぶべきですが…

やっぱり、味気ないデザインでは写真映えもしないもの。迷ってしまうくらい多くの柄があるので、好きな柄を選びましょう。

しかし残念ながら、全ての項目で優れた商品はありません。
何を重視するかを良く考えて、ラッシュガードを選びましょう!

まとめ

今日は、子供用のラッシュガードについて、お話ししてきました。

お母さんの紫外線対策はもちろんマスト!ですが、

子供の紫外線対策と怪我予防もマスト!です。

家族で海水浴に行くときは、帰ってくるまで全員が笑顔でいたいですね♪

タイトルとURLをコピーしました