体を温める食べ物で冷え性改善 コンビニで買えるものはコレ!

体を温める食べ物 食品・スイーツ

冷え性だと、冬よりも夏の方が寒い…

クーラーで体は冷え冷えに…

コンビニで体を温める食べ物を買いたい…

とお悩みのアナタに、冷え性を改善するための体を温める食べ物を紹介します!

コンビニで買えるものもありますよ!

体を温める食べ物

冷え性の人にとって、真夏の冷房は大敵ですよね。

オフィスなどではクーラーの温度を上げるのはほぼ不可能なので、自分の冷え性を改善するしかありません。

体を温める食べ物の代表といえば生姜ですが、苦手な方もいますよね。

まずは、体を温める食べ物について解説するので、見分け方を覚えましょう!

  • 寒い環境で育つ食材
  • 寒い環境で育つ食材は、体を温める効果があります。

    果物であれば、サクランボ・リンゴ・モモなどですね。(逆に、暑い環境で育つスイカ・パイナップル・マンゴーなどは、体を冷やす効果があるので注意!)

    また、北の海でよく獲れるサケ・マグロ・カツオ・サバなども体を温める働きがありますよ。
     

  • 地面の下で育つ食材
  • 地面の下で育つ食材は、体を温める効果があります。

    例えば、冬が旬のニンジン・ダイコン・ゴボウ・レンコンなどの根菜類ですね。(逆に、夏が旬のトマト・キュウリ・ナス・レタスなどは、体を冷やします。)
     

  • 発酵食品
  • 発酵食品には、体の代謝を良くする効果があり、冷えた体を温めてくれます。

    味噌・納豆・キムチ・醤油・漬物・チーズ・ヨーグルトなどが発酵食品です。
     

  • 暖色系の食材
  • 色でも、体を温める食材かどうかを見分けることができます(例外もありますが)。

    オレンジ・黄色・赤・黒などの濃い色の食材は、体を温める効果があります。例えば、ニンジン・カボチャ・トウガラシ・ゴボウなどです。

    魚や肉も同様に、色の濃い赤身を食べるとGOOD!(白・緑・紫の食材は、体を冷やすので注意!)

    冷え性改善の食べ物をコンビニで

    ランチをコンビニご飯にする方も多いですよね。

    適当に食べたいものを買うのではなく、少しでも冷え性改善に良いものを選びたいところです。

    次に、コンビニで買える冷え性改善の食べ物を紹介します!

  • おでん
  • 冬に体を温めてくれる食べ物といえば、おでん!コンビニによっては、最近では真夏でも、おでんが売っている場合があります。

    体を温める効果のある具材は、大根・こんにゃく・卵。

    これらは低カロリーなのもうれしいですね。油で揚げてある練り物系は、カロリーが高いので気をつけてください。
     

  • 根菜類を使ったお惣菜
  • コンビニでは、たくさんのお惣菜が並んでいますよね。冬野菜の根菜類を使ったお惣菜を選べば、冷え性の改善を期待できます。

    きんぴらごぼう、カボチャのサラダ、カボチャの煮物、筑前煮、豚汁などがおすすめです。
     

  • 発酵食品
  • 納豆・キムチ・漬物・チーズ・ヨーグルトなどの発酵食品も、冷え性に効果的です。

    ランチのときに納豆を混ぜている時間がない場合は、納豆巻きやネバネバサラダを選ぶなど工夫をしましょう。
     

  • 魚を使ったお惣菜
  • コンビニでは、焼き魚や煮魚のお惣菜のラインナップが増えていますよね。

    サケ・マグロ・カツオ・サバが体を温める効果のある魚なので、これらの魚を使ったお惣菜を積極的に選びましょう。
     

  • 生姜を使った商品
  • イワシの生姜煮や、生姜こんぶ、生姜紅茶、生姜雑炊、生姜ココアなどがコンビニに売られていることがあります。

    案外、生姜を使った商品があったりするので、探してみてください。生姜チューブを買って、自分で紅茶に入れてしまうという手もありますね。

    最後に

    今回は、体を温める食べ物について、お話ししてきました。

    コンビニで手軽に買えるものも多いので、ぜひ日々の食生活に取り入れてみてください。

    冷え性を改善して、快適に夏を過ごせるといいですね。

    体を温める飲み物でからだを冷やさない!コンビニで販売されているものも
    夏は電車の中もオフィスの中も寒い…クーラーのせいでどんどん体が冷えていく…体を温める飲み物がコンビニで買えないかな~?とお悩みのアナタに、体を温める飲み物について解説します!コンビニで発売されているものもありますよ!
    タイトルとURLをコピーしました