初めてのラッシュガード 使い方はどうなの?着たまま泳げる?

ファッション

最近は海水浴にラッシュガードを着られている女性も多いですね。

主に水着の上に羽織って日焼け対策として使われるようです。

素材はポリウレタンやポリエステルの生地でできていて速乾性、伸縮性に優れています。

羽織ものな感じではあるのですが、このまま水に入ってもいいものなのでしょうか?

ラッシュガードは着たままで大丈夫?日焼け対策になる?

Check!>>レディース水着ランキング【楽天】

ラッシュガードにもタイプがいろいろあります。

プルオーバータイプ、パーカータイプ、ジップアップタイプなどです。他にはパンツタイプの物もあります。

フードの付いているものだと泳ぐときに邪魔になったりもします。そのためか、プールの施設によってはフード付きのラッシュガードは禁止しているところもありますね。

プルオーバーは脱着が大変ですが、ダイビングする場合はピッタリしたプルオーバーがおすすめです。用途にあったラッシュガードを着るようにしましょう。
 

ラッシュガードは海やプールで着たまま泳ぐこともできますし、日焼け対策体形カバーにもなりますから女性には大変便利に使うことができます。

顔は毎日、お化粧のときに日焼け止めを塗っていますが、海水浴やプールだと体にも日焼け止めが必要です。ただ、日焼け止めを塗っていても肩のところが一番焼けたりしますよね。

また、日焼け止めは一度塗っても取れてしまい、何回も塗らないと効果が落ちてしまいますのでかなり面倒です。それに日焼け止めが水着についてしまうと、それを落とすのがまた大変だったりもします。

大抵のラッシュガードはUPF50+の紫外線カット率なので、ラッシュガードを着ていれば日焼け止めは必要ありません。手の甲には塗った方が良いかもしれませんが、肩ほどは焼けないでしょう。UPF値については購入前に確認するようにしてくださいね。
 

今は水着とラッシュガードがセットで売っているものがあります(3点セットや4点セットなど)。セットであればコーディネートができているので、すぐに使うことができます。複数セットあれば違った組み合わせもまた楽しめます。

ラッシュガードを上から羽織っておけば、ビキニタイプの水着でも体形をカバーしてくれるので、体型が気になる方にはおすすめです。また海から出てもそのまま海の家などに行ってもおかしくありませんので便利に使えます。

ラッシュガードは暑い?寒い?選び方のポイントは?

ラッシュガードはプルオーバー、パーカー、ジップアップタイプがあります。海やプールでしたらジップアップタイプものがよいと思います。水を含むと肌に密着しますので、プルオーバータイプだと脱ぐのが大変になってしまいます。

ただラッシュガードは真夏の海や日差しの強いところでは適していますが、室内プールなどの場合(○○運動公園プールなど)は少し注意が必要です。

このようなプールでは50分~60分おきで休憩が入り一斉にプールから出なくてはいけません。その時に、ラッシュガードを着ていると肌が乾かないので逆に寒く感じてしまいます。

実際、私もラッシュガードを着てプールに入った経験があるのですが、休憩時間のときは寒くて、暖を取る部屋に行きそこで過ごしました。

休憩時間のときは、ラッシュガードを脱いだほうがよいなと思いました。そのまま着ていると風邪を引いてしまいそうでした。体温が奪われるのですね。

タンキニで泳ぐときはショートパンツは脱ぐ脱がない?
家族で久しぶりのプール。出産してから、だいぶ体型が変わったなぁ… ウエストが気になるから、水着はタンキニで決まり!でも、泳ぐときはショートパンツを脱がなくてもいいの…?と思っているアナタに、タンキニの着こなしについて解説していきましょう!

最後に

初めてのラッシュガード。着てみるとその使い心地に「もっと早くから着ていればよかった!」と思う人もいると思います。

初めてのラッシュガードなら、ジップアップタイプが一番使いやすいと思います。

水着にはジップアップタイプが多いと思います。水着でラッシュガードがセットになっているのがあれば、そのラッシュガードを着て一度試してみてください。

ラッシュガードには、いろいろなタイプがありますので、必要と感じたら少しずつ揃えていくとよいですよ。

海やプールから出た時、肌寒く感じたときはラッシュガードを脱ぎましょう。一応、タオル状のパーカーやケープなどを持参しておくと良いですね。

日焼け、シミも怖いですが、夏なら海、プールに行きたいですよね。今年の夏はラッシュガードを持参して楽しく夏を過ごしてください。

タイトルとURLをコピーしました