※このページではアフィリエイト広告を紹介しています

男子の大学入学式のための靴選び:フォーマルなドレスコードに合わせるコツ

男子の大学入学式のための靴選び ファッション
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

大学の入学式、わくわくしますよね。でも、何を履いていくかで頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。今日は、そんな皆さんのために、入学式にぴったりの靴選びのコツをお伝えします。服装はもちろん、靴も大切なポイントですからね!

靴の種類とフォーマリティ

さて、入学式の服装を考えるとき、一番頭を悩ませるのが靴選びかもしれませんね。大事なのは、靴の種類とそれぞれのフォーマリティを理解すること。一般的に、オックスフォードシューズは最もフォーマルで、紐のデザインが特徴的です。これらは綺麗なスーツスタイルにぴったり合います。

一方、ダービーシューズは少しカジュアルですが、入学式のようなセミフォーマルな場にも適しています。紐のつけ方がオックスフォードとは異なり、少しリラックスした印象を与えるんですよ。

そして、ローファーやモンクストラップの靴も人気があります。これらは紐がなく、履きやすさが魅力。ちょっとした遊び心を加えたいときにおすすめです。ただし、これらの靴は少しカジュアルなので、スーツのスタイルによっては避けた方が良い場合もありますね​​​​​​。

選ぶときのポイントは、あなたのスーツやパーソナルスタイルにどの靴が一番合うか、です。フォーマルなスーツにはオックスフォード、少しカジュアルなスーツにはダービーやローファーがいいでしょう。

靴の色と素材

次に、色と素材の選び方を考えましょう。入学式のようなフォーマルな場では、色は基本的に黒か深い茶色がベストです。黒は最もフォーマルな色で、どんなスーツにも合わせやすいです。深い茶色はもう少しカジュアルですが、上品さを演出できます。

素材については、フルグレインレザーがおすすめ。これは最高品質の革で、耐久性があり、使えば使うほど味が出てきます。トップグレインレザーも高品質ですが、フルグレインよりは少し加工がされています。どちらも優れた選択肢ですよ​​。

偽革(プリーザー、PU、合成皮革)も選択肢としてはありますが、本革ほどの高級感はないかもしれません。ただ、価格が手頃で手入れが簡単なのがメリットです。入学式以降、フォーマルシューズをしばらく履く予定が無いのであれば、コスト面でこちらを選んでも良いですね。

色と素材を選ぶ際は、自分のスタイルや、着る予定のスーツに合わせて選ぶといいでしょう。例えば、真面目なビジネススタイルには黒のオックスフォード、少しリラックスしたスタイルには茶色のダービーやローファーが合いますね。

靴の選び方のポイント

さて、フォーマルなシーンでの靴選びのポイントを見ていきましょう。重要なのは、ドレスコードに合わせた適切な靴を選ぶことです。ここではいくつかの重要なポイントを紹介します。

スーツの種類に合わせる:スーツの種類によって、合う靴も変わります。例えば、ビジネススーツにはオックスフォードやダービーが最適です。カジュアルなスーツやブレザーには、ローファーもいい選択肢になります。

イベントのフォーマリティを考慮する:イベントの正式さに応じて靴を選びましょう。たとえば、非常にフォーマルなイベントには、クラシックな黒のオックスフォードが適しています。

色のコーディネート:靴の色はスーツやアクセサリーとの調和を考えて選びましょう。黒や深い茶色はほとんどのスーツに合わせやすい色です。

快適さも重要:見た目だけでなく、履き心地の良い靴を選ぶことも大切です。特に新しい靴は、入学式の前に少し履いて、足になじませると良いでしょう。

品質にこだわる:靴は長く使うものですから、質の良い素材を選ぶことが大切です。少し高価でも、長持ちする靴は結果的にコストパフォーマンスが良いです​​。ただし、入学式以降、しばらく履きそうにないのであれば、価格を抑えて出費を節約するのも良いです。

靴の手入れと保管

フォーマルなシーンにふさわしい靴を選んだら、次はその靴を長持ちさせるための手入れと保管の方法を学びましょう。

定期的なクリーニング:靴は定期的にクリーニングすることが大切です。汚れを拭き取り、適切な靴磨きで磨くことで、革の質感を保ち、長く使うことができます。

湿気から守る:靴は湿気を避けて保管することが重要です。湿気は革を傷める原因になりますから、通気性の良い場所に保管しましょう。

シューツリーの使用:靴の形を保つためにシューツリー(靴型保持器)の使用をおすすめします。これにより、靴の形崩れを防ぎ、履きジワの発生を抑えることができます。

適切な保管方法:長期間履かない靴は、通気性のある袋や箱に入れて保管すると良いでしょう。直射日光や高温多湿を避けることも重要です。

履き回しを避ける:同じ靴を毎日履くと、靴が摩耗しやすくなります。可能であれば、数足をローテーションさせて、靴が休める時間を作りましょう。

靴の手入れと保管を適切に行うことで、長く愛用することができます。特に、入学式のような大切な日には、ピカピカの靴で臨みたいですよね!

まとめ

大学入学式にふさわしい靴選びについて、色々と見てきました。靴は、第一印象を大きく左右する重要な要素です。適切な靴を選ぶことで、スタイルが格段に向上し、自信を持って式に臨むことができます。

靴の種類とフォーマリティ:オックスフォードやダービーがフォーマルなシーンに最適です。
色と素材:黒や深い茶色の高品質な革靴を選びましょう。
選び方のポイント:イベントのフォーマリティと自身のスタイルに合わせて靴を選びます。
手入れと保管:靴の寿命を延ばすために、適切な手入れと保管を心掛けましょう。
新しい生活のスタートとなる大学入学式。素敵な靴で一歩を踏み出し、新たな門出を祝いましょう!皆さんの新生活が素晴らしいものになることを願っています。